福岡市中央区桜坂1丁目14番14号2階
地下鉄七隈線「桜坂駅」から5分

受付時間
9:00~18:00
休業日
日曜・祝祭日

お気軽にお問合せください

092-739-5800

事例のご紹介 4

借金をつくると相続税が安くなる?

借金を作ると相続税が安くなる、と思っている人がいます。

先日もある相談会で、母親が所有するアパートを建て替える必要があり、借金をしてアパートを建て替えると、相続税対策になるのではないか、という相談がありました。

 確かに相続税対策にはなるのですが、銀行からは借りたくないとのこと。

そこで、子たちに自分のお金を贈与するなり、貸し付けるなどして、再度母親が子から借金することによって、アパートを建て替えたいが、どうか?という相談でした。

 何かややこしい話ですが、そんなことする意味があるのか、と思いませんか?

とにかく、借金を作れば相続税対策になるのだと、思っていたようです。

 実際にはそうではなく、アパート=賃貸用建物を建てることが、相続税対策につながるのです。

 建物の評価は、固定資産税評価額によりますので、建築費の約50%くらいの評価になります。1億円の建築費で建てれば、5,000万円くらいの評価になる、ということです。

 さらに、この建物を賃貸すると30%減額され、3,500万円の評価になります。1億円で建てた建物が、3,500万円になり、 6,500万円も減額されるので、相続税対策になるのです。

この1億円を、現金があれば現金で払ってもいいし、なければ借金をして1億円を調達して、建てれば相続税対策になるのです。

 したがって、借金を作ることが相続税対策になるのではなく、手元の現金を使って、アパートを建ててもいいわけです。

 もちろん、手元の現金+不足分を借入金、ということでもいいのです。

ですから、先ほどのご相談に関しては、お母様が現金を持っているのであれば、わざわざ子に貸して再度借りる必要もなく、その現金でアパートを建て替えればいいだけの話です。

 あまり難しく複雑にするのではなく、シンプルに考えていった方が、現実的な相続税対策ができることが多いです。 

事例紹介 .・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その他メニューのご紹介

お客様のお役に立つ情報を記載しております。

不動産の活用方法について説明しております。

弊社の特徴について説明しております。

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

092-739-5800

営業時間:9:00〜18:00
休業日:日曜・祝祭日

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

092-739-5800

メールでのお問合せは、24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。